小川大貴 ポジション  →

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

小川大貴 ポジション  →

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

小川大貴 ポジション By 小川大貴 ポジション

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

  • {xia35}
  • {xia36}
  • {xia37}
  • {xia38}
  • {xia39}

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

  • {xia40}
  • {xia41}
  • {xia42}
  • {xia43}
  • {xia44}

小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

  • {xia45}
  • {xia46}
  • {xia47}
  • {xia48}
  • {xia49}
小川大貴 ポジション

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

FC東京では、Jリーグ加盟以来、ずっとアディダスと契約しており、その三本線がデザインの基調となっていました。 FC東京が先にスコアを動かしました。 ディープブルーのボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配置。赤面するし。青赤のユニフォームを着て、素晴らしい仲間たちとボールを追い掛けたい――その思いが自分の偽りのない本音でした。

  • {xia50}
  • {xia51}
  • {xia52}
  • {xia53}
  • {xia54}